0b219091.gif 純情ロマンチカ3 第12話「恋路は縁のもの」

純情ロマンチカ3の第12話を見ました。



第12話 恋路は縁のもの

美咲の誕生日と秋彦の文学賞の授賞式が被ってしまうのだが、美咲は授賞式を優先させようとする。
ところが授賞式当日、式典に最低限だけ参加した秋彦に拉致されて、美咲は鎌倉旅行に向かうことになってしまう。
どんな賞を貰うよりも、その年に一度しかない美咲の誕生日に一分一秒でも一緒にいたいと言う秋彦に思わずほだされる美咲だが、取材で訪れたという伊集院と偶然出会い、告白の返事を迫られてしまう。
無理だと即答する美咲だったが、まっすぐに向き合ってくれるところがますます好きになったと話す伊集院は軽くキスをして去っていく。
まずはお互いのことを知ることが大切だと思わない?

その様子を見ていた秋彦伊集院美咲に触れたことが我慢ならないようで、そのまま宿のお部屋に直行するのだった。
美咲は誰にも渡さない、お前をこの世で一番必要なのは俺だから。この世で一番お前を好きなのは俺だから

マンションに帰ってきたところで受賞のお祝いに駄菓子の詰め合わせをもらった秋彦美咲に抱きつきつくのだが、そこに孝浩が現れるのだった。

最終回って感じがしない感じで終わりましたね。
美咲と秋彦のこと、お兄ちゃんはホントに気付いてないのかスルーしたのか気になる…

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2671.html
http://yuruyurulife.blog.fc2.com/blog-entry-4874.html
スポンサーサイト

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif 純情ロマンチカ3 第11話「恋には身をやつせ」

純情ロマンチカ3の第11話を見ました。



第11話 恋には身をやつせ

伊集院との対談後から秋彦がいつも以上にベタベタしてきたばかりか、締め切りを守るといういつもと違う態度に美咲伊集院との間に何かあったのだと心配になるのだが、何かあったのかと聞いてもはぐらかされてしまう。
そんな中、美咲進之介と共に伊集院の家へ遊びに行くことになるのだが、それを秋彦に言い出すことが出来ずにいた。
伊集院の家で楽しく過ごす美咲だったが、進之介がバイトがあると先に帰ってしまい、2人きりになるという状況が作り出されてしまう。
その隙を逃さない伊集院から告白された美咲はどうやって断ればいいのかと焦っていると、秋彦が現れる。
お断ります。申し訳ないがコイツに触れていいのは俺だけなので
これは宇佐美先生
お忙しい中、時間を取らせたようで
とんでもない
帰るぞ
宇佐美先生、俺の気持ちは高橋くんに伝えたので後は彼の気持ち次第です
美咲の気持ち?
えぇ、高橋くんが今、誰かと付き合っていたとしてもその人以上に俺が好きだと思ったらそれはもう新しい恋愛ですよね?
これだけは言っておきます。ただの好奇心というのならここで引いてください。でも本気だと言うなら、俺は貴方に対して一切容赦しない

秋彦の本気を伊集院は余裕で受け止めるのだが、秋彦は嫉妬していると美咲に伝える。
そして、美咲秋彦を安心させるために欲しがってる言葉を伝えようとするもなかなか口にできず、蚊が鳴くような小さな声で好きだと告げるのだった。


i伊集院先生が遂に美咲に告白しましたな。
三角関係ですが、美咲はさっさと恋愛感情としては好きじゃないとはっきり伝えてほしいですが…これからどんどん伊集院先生が積極的に攻めてくるのかな!?

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2671.html
http://yuruyurulife.blog.fc2.com/blog-entry-4871.html
http://rese912.blog38.fc2.com/blog-entry-3311.html

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif 純情ロマンチカ3 第10話「逢いたいが情、見たいが病」

純情ロマンチカ3の第10話を見ました。



第10話 逢いたいが情、見たいが病

大学の助教授として働く上條と大学病院の研究医である野分は一緒に暮らすようになったものの、お互い忙しすぎてすれ違いの日々ばかりを過ごしていた。
そんなある日、野分の誕生日に久々に一緒にいれるかもと微かに期待をする上條はレストランを予約していたたが、その当日、野分は急患が入り案の定帰って来られなくなってしまう。
本を自棄買いした上條津森がマンション前で待っていたらしく、話しかけられる。
津森便で~す。流石にヘロヘロなんで、明日一日休ませてやってください。いや~俺ん家泊めてやってもよかったんですけど、そんなことすると上條さんがヤキモチ妬いちゃうかなとか思っちゃって

今日一日津森に仕事に集中していなかったと指摘された上條は自分が浮かれすぎてプレッシャーになっていたのかもしれないと反省する。
久しぶりの休みだということで野分と二人きりになれる上條だったが、何故か津森が誕生日祝いに来てしまう。

ある朝、夜勤を終えて帰宅した野分はお見合い写真を見つけてしまい、医師の道に進んでいなかったらどうなっていたのだろうかと考え始める。
そんな中、上條がカバンの中にお見合い写真を入れているのを見た野分はお見合いを受ける気なのではないかとぐるぐる考えてしまうが、昼に呼び出されて断りの手紙を見せられる。
これが答えだ!



美咲が出てきてビックリしたw
まぁ上條の講義受けてるわけだから出てきても不思議じゃないんだもんなw
美咲は上條を恐れているけど、上條はあんまり覚えてないのがリアルw
上條は野分とラブラブで安心したわ。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン



http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2671.html
http://yuruyurulife.blog.fc2.com/blog-entry-4865.html
http://rese912.blog38.fc2.com/blog-entry-3304.html

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif 純情ロマンチカ3 第9話「水火の争い」

純情ロマンチカ3の第9話を見ました。



第9話 水火の争い

取締役専務の井坂の策略にはまり、ついに出版社・丸川書店の2大看板作家である秋彦伊集院の対談が行われることになる。
腹の探り合いとしか思えないような秋彦伊集院のやりとりが続く中、編集部でバイト中の美咲は面倒なことに巻き込まれる前に、帰ろうとするのだが伊集院と顔を合わせてしまう。
新しく発売されるフィギュアに釣られてしまった美咲を連れて帰ろうとする秋彦だったが、井坂から逃げるために伊集院も一緒に会議室に入る。
そこで美咲伊集院からは付き合っているのかと訊かれ、激しく動揺してしまう。
何とか先に帰ることができた美咲だったが、戦闘態勢に入った秋彦伊集院を冷たい視線で射るも、伊集院に宣戦布告されるのだった。
高橋くんって可愛いですね。俺は昔、この部屋でスランプに陥っていた時に高橋くんの一言で救われたんです。それが忘れられなくて。もう会うことはないと思っていたのですが、偶然サイン会で再会した時、あぁこれって運命なのかなって思いました
運命ですか…何だか先生には似合わない言葉ですね
ですよね。自分でもそう思います。それでも3年経っても変わらずキラキラした目で先生が好きとハッキリ言ってくれるのはかなり嬉しいものです。良く考えたら一目惚れってヤツだったのかもしれません
何が言いたいんですか?
こういうことはきちんと伝えておくべきかと思いまして。宇佐美先生…俺、高橋くんのことが好きです


会食を終えて帰ってきた秋彦がいつも以上にベタベタしてきたばかりか、締め切りを守るといういつもと違う態度に美咲伊集院との間に何かあったのだと心配になる。
そんな中、が休みなために美咲伊集院の原稿を取りに行くことになってしまうのだった。


伊集院先生が宣戦布告してきましたね。
まぁ美咲は秋彦が好きだから大丈夫だと思いますが、積極的な伊集院に困惑しそうですな。


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2671.html
http://yuruyurulife.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif 純情ロマンチカ3 第8話「焼き餅焼くとも手を焼くな」

純情ロマンチカ3の第8話を見ました。



第8話 焼き餅焼くとも手を焼くな

丸川書店ジャプン編集部にてバイト続投中の美咲はある日、担当編集者に頼まれて大好きな超人気漫画家・伊集院の家に書類と差し入れを持って行くことになる。
その際、美咲は新しい担当の雫石涼を紹介される。
はじめまして、高橋です
伊集院先生のお気に入りとかいう子ですか?

担当も恐れる程のスランプ中だったはずの伊集院美咲の顔を見た途端に通常モードに戻る。
ところが伊集院の家に上がった美咲は掃除を手伝う中で以前自分が出したファンレターが保管されているのを発見し、目を輝かせるのだった。
更に彼女がいるのか秋彦のことを聞かれた美咲は好きだと言われ、自意識過剰かと思いながらも部屋を後にする。
美咲が帰ると、秋彦伊集院との会食・対談を受け入れ、戦闘体勢に入っていた。
そして、敵を倒すには敵を知らなくてはならないと伊集院の著作物を全部読破するつもりなのだった。


雫石くん、低音トッシーボイスだった!
トッシーのこういう声の方が好きだから嬉しいけど、モブ顔じゃないから何か話に関わってくるのかな?
気になりますが、まずは秋彦と伊集院先生の対決ですね!

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2671.html
http://yuruyurulife.blog.fc2.com/blog-entry-4853.html
http://rese912.blog38.fc2.com/blog-entry-3290.html

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

o0020002011469143477.gif プロフィール

magi111p04

Author:magi111p04
FC2ブログへようこそ!

o0020002011469143477.gif 最新記事
o0020002011469143477.gif 最新コメント
o0020002011469143477.gif 最新トラックバック
o0020002011469143477.gif 月別アーカイブ
o0020002011469143477.gif カテゴリ
o0020002011469143477.gif FC2カウンター
o0020002011469143481.gif 検索フォーム
o0020002011469143481.gif twitter
o0020002011469143481.gif RSSリンクの表示
o0020002011469143481.gif リンク
o0020002011469143481.gif QRコード
QR
o0020002011469143481.gif ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる