FC2ブログ

0b219091.gif ブラッドラッド 第5話「未確認魔人物体」

ブラッドラッドの第5話を見ました。



第5話 未確認魔人物体

魔界最大最凶の刑務所「リズの玩具箱」に収監されたスタズの前に兄・ブラッズが現れ、人体蘇生の方法を教えることと引き換えにとある条件を提示される。
魔界の魔族が、種が滅ぼされるかもしれん……奴の存在によって……
奴?魔界の種が滅ぼされる?何の話だよ、いきなり
3日前、私がずっと見張っていた魔界のある区域にそいつは突如現れた


一方、ウルフと共に魔界に残った冬実の足が消えかかってしまい、 魔族の生態に詳しいウルフフランケン・シュタインのもとへと運ぶ。
フランケンは魔族と魔族の身体をつないで新たな怪物を作り出そうとした結果、最高傑作の人造人間No.9“パップラドン・アキム”を生み出してしまったためにアキムを止めるための強大な存在を求めて、冬実の幽霊としての特性を利用して“混合種”を生み出そうとしたが、それを知ったベルウルフに阻まれるのだった。
そこで、ウルフアキムを倒す代わりに冬実から吸血鬼としての魔族を取り除く治療をするという交換条件を持ちかける。

その頃、ブラッズスタズの弾丸を取り出そうとするが、取り出されたら戦わないといけなくなるためにスタズは断る。
だって取ってもらったら俺は噂の怪物と戦わされるんだろ?ヤダよ、そんなの超ヘビーじゃん。俺は人体蘇生法を聞きたいだけなんだ。それなのに余計なオプション付けられて取引のハードルを上げられても困る
余計なオプション?力が戻るんだぞ!?

対等な関係ではないとブラッズに弾丸を取り出してもらったことで本来の力を取り戻したスタズは一瞬でリズのゾンビを倒してしまうのだった。

次回、「それがダチ」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2400.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51731732.html
http://cloudyroute.blog.fc2.com/blog-entry-364.html
http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2800.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8905.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1440.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2013-08-09
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3223.html

テーマ : ブラッドラッド
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif ブラッドラッド 第4話「殿堂魔界へ」

ブラッドラッドの第4話を見ました。



第4話 殿堂魔界へ

暗号だらけで読めない『人体蘇生の書』の著者が実の兄、ブラッド・D・ブラッズと知ったスタズは、しぶしぶ魔族のVIPが暮らす殿堂魔界へ久々の里帰りすることになる。
ベルの空間魔術で殿堂魔界へ行くことになるのだが、殿堂魔界に繋げる前に里帰りしたがらないスタズウルフが蹴り入れたためにベルの部屋に繋がってしまう。
そして、ベルの部屋でシャワーを借りたスタズベルがお風呂に入っている間、ソワソワしてしまう。
どういうつもりだ?何でいつも俺を試すような真似をする?
疑ってるから
何を?
正確には疑ってた、アンタとウルフを戦わせるまでは。でも、それは確信に変わった。アンタはやっぱり隠してた
だから何を?

ベルスタズの中で魔力が拘束されていることに気付いて本来の力が見たいのだという。
鍵は兄貴が持ってる

殿堂魔界へと連れて行ってもらったスタズの前に仮面をかぶった謎の少女が立ちはだかる。
何してるの?こんな所で。もうここには用はないはずでしょ?
いや、会いたかったよ…リズ

スタズの妹であるブラッド・T・リズブラッズのことを偏愛しており、ブラッズが自分より力がないスタズを気にかけているのが気に入らずスタズのことを嫌っており、魔界最大の刑務所“リズの玩具箱”へ強制投獄してしまう。

一方、ウルフと共に魔界に残った冬実の足が消えかかってしまい、 魔族の生態に詳しいウルフフランケン・シュタインのもとへと運ぶ。


次回、「未確認魔人物体」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2779.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2400.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7044.html
http://cloudyroute.blog.fc2.com/blog-entry-356.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51730806.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8873.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1416.html
http://tsukihito2.blog.fc2.com/blog-entry-236.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3181.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2013-08-02

テーマ : ブラッドラッド
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif ブラッドラッド 第3話「持ってんじゃん」

ブラッドラッドの第3話を見ました。



第3話 持ってんじゃん

ベルから死んだ人間を生き返らせる『人体蘇生の書』があると聞いたスタズ冬実豆次郎とともに西魔界へと向かう。
そこはスタズの幼なじみであり、宿敵のウルフが治める地だった。
……久しぶりだな、ウルフボーイ
俺をその名で呼ぶのはおめーだけだぜ……ブラッドチェリー、スタズ!!

久しぶりの再会もそっちのけで本探しに協力するか否かを決める勝負をするはずが、臨戦態勢の2人はなぜか冬実を賭けてボクシング勝負をすることになってしまう。
スタズは中駐吸魔歯によって殴られれば殴られる程、ウルフの魔力を減らし、ダメージを与えるのだった。
何がお前をそこまでさせる…!?本か?そうじゃねえ、その先にある何かだ。お前はそれが欲しくてたまんねえだ。言ってみろ、何が欲しい!?俺をこんな姿にさせてまで欲しい物とは何だ!?スタズ!!
残された中途半端な魔力で狼男へと変身したウルフスタズはZIPしようとするが、友達同士で喧嘩しないでと冬実に叩かれてしまう。
更に現れたベルはリング上からスタズ達を別の場所へと移動させると、『人体蘇生の書』を渡してくれるのだった。
『人体蘇生の書』を解読するにはかなり難しいらしく、執筆した本人から聞き出そうとするが、執筆者はスタズの兄で殿堂魔界に住むブラッド・D・ブラッズだった。

次回、「殿堂魔界へ」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2400.html
http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2760.html
http://cloudyroute.blog.fc2.com/blog-entry-343.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51730099.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1385.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8845.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2013-07-26
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3137.html

テーマ : ブラッドラッド
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif ブラッドラッド 第2話「ただいまは言わない」

ブラッドラッドの第2話を見ました。



第2話 ただいまは言わない

おいおいおいおいおい、マジかよ!?ブラックカーテン…魔界と人間界を行き来することができる空間の扉。人間界に憧れてきた俺のあんな夢やこんな夢をみんなみんな叶えてくれる魔法のカーテン!俺がどんなに人間界に行きたかったか…!
私を生き返らせてくれるんじゃ…?

憧れの人間界へ向かうことができるために興奮していたスタズと反対に肉体を失い幽霊となった冬実はどこか浮かない顔をしていた。
お前ももう魔族なんだ、俺が人間界での魔族の立ちまわり方ってのを教えてやる
はぁ…
いいか?魔族が人間に恐れられていたなんてのはもう昔の話だ。いくら強い魔族といっても人間達の数や科学の前ではまず勝機はねえ。したがって魔族は人間界では隠密行動、目立った行動はしないようにするんだぞ

目立った行動はするなと言ったスタズが車や電車、学校に興奮して写真を撮りまくってしまう。
学校でスタズの唾液を薄めたスプレーを浴びた生徒達がいなかったはずの自分が学校に通っていたと思うようになり、自分とは違う自分がいることに恐怖を覚えてしまう。
更に魔力の低い冬実は存在を維持できず絶体絶命のピンチに陥るが、スタズが“給血”を施す。
お前を生き返らせるその日まで、俺がお前の“給血鬼”になってやる

さらに、ふたりの前に魔界のトレジャーハンター・ハイドラ・ベルが現れ、ブラックカーテンの通行料を請求されてしまう。
ベルは自分のブラックカーテンを勝手に奪って使っている奴を探すためにスタズを利用しようと冬実を人質にしてONIQLOの人間界支店から鬼のパンツを取ってくるように腕試しさせられる。
スタズが腕試しされている間に冬実と仲良くなったベルは以前手に入れた“人体蘇生の書”の存在を教えてくれ、その本を売ったという西魔界に向かうことになるのだった。

次回、「持ってんじゃん」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67916170.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2400.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51729271.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3050.html
http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2743.html
http://cloudyroute.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1353.html
http://tsukihito2.blog.fc2.com/blog-entry-201.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7007.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8816.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2013-07-19
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3092.html

テーマ : ブラッドラッド
ジャンル : アニメ・コミック

0b219091.gif ブラッドラッド 第1話「骨でした」

ブラッドラッドの第1話を見ました。



第1話 骨でした

東魔界のナワバリボスであるブラッド・チャーリー・スタズはジャパニーズカルチャーが大好きという異端の吸血鬼であった。
ある日、スタズのシマに女子高生の柳冬実が迷い込んだとデクから連絡が入る。
人間の女…!?
何か知らないすけど迷い込んだみたいでしてね、俺達もちょっと対処困ってる感じで一度ボスに報告をと


本物の人間との対面にスタズは大興奮するが、血を吸いたい衝動を誤魔化すために縄張りを荒らしに来た敵を退治しに行っている間に冬実はモンスターに食べられて幽霊になってしまう。
死んだ冬実では吸血衝動が起こらないスタズ冬実を生き返らせると“血意”するが、今の冬実に魅力を感じないために扱いが雑になってしまう。
私のこと生き返らせてくれるって言ってましたけど、本当にその気あるんですか?
だから今調べてんじゃん
それ漫画ですよね?
漫画の中で人を生き返らせる話とかたまにあるだろ?それ参考にすんだよ

冬実の通って来たブラックカーテンで人間界に行くことにするのだが、ナワバリボスがいなくなっては大変だと豆次郎が慌てていると、デクミミック吉田という仲間になりたいという新人を連れてくる。
更に吉田には変身能力があるためにスタズは彼を影武者として魔界に残して人間界へと向かうのだった。

次回、「ただいまは言わない」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン




http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67911209.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2400.html
http://animekansouhouhokujo.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2725.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51728500.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1325.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2866.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-3993.html
http://tsukihito2.blog.fc2.com/blog-entry-191.html
http://cloudyroute.blog.fc2.com/blog-entry-327.html
http://akihiro-anime.com/archives/665
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8785.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2299.html
http://kogetsuki.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
http://topbm7.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6990.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2013-07-11-6

テーマ : ブラッドラッド
ジャンル : アニメ・コミック

o0020002011469143477.gif プロフィール

magi111p04

Author:magi111p04
FC2ブログへようこそ!

o0020002011469143477.gif 最新記事
o0020002011469143477.gif 最新コメント
o0020002011469143477.gif 最新トラックバック
o0020002011469143477.gif 月別アーカイブ
o0020002011469143477.gif カテゴリ
o0020002011469143477.gif FC2カウンター
o0020002011469143481.gif 検索フォーム
o0020002011469143481.gif twitter
o0020002011469143481.gif RSSリンクの表示
o0020002011469143481.gif リンク
o0020002011469143481.gif QRコード
QR
o0020002011469143481.gif ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる