FC2ブログ

0b219091.gif SUITS/スーツ 第7話

SUITS/スーツの第7話を見ました。



甲斐はクライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司に会いに行く。
桜庭はここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。
そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クラインから合併の提案があったという。
『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一だった。
大輔は司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴に協力を申し出、さっそく試験対策に取り組み始める。
同じ頃、『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われ、そこで大輔真琴と談笑していた女性・町田日向子の姿を見つけ驚く。
実は大輔は司法試験で日向子の替え玉受験をしており、事情を知った甲斐は本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ないと大輔に告げるのだった。
私、鈴木先生のおかげで司法試験に受かったんですって自分から言うとでも思うか?
それはそうですけど…

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔はグループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。
甲斐は合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。
そこで大輔は『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎であることを知り、甲斐は敬一郎が考える乗っ取りの様な合併には合意できないと決裂することになる。
敬一郎は親友の上杉が抜けた後の事務所の力を見ようとしているのではないかとチカも考えており、甲斐は売られた喧嘩は買えという指示に従うのだった。
蟹江が敬一郎と接触しているのを見た真琴は日向子から替え玉受験のことを聞き、興味を持つのだった。
『KJO』のタイの従業員のストライキがアジア地区のマネージャーの横領であった情報を手に入れる一方、敬一郎はチカに接触してくる。
甲斐は横領の件で合併話で優位に立とうとするが、資産情報を手に入れた敬一郎は敵対的買収を進めていく。
何とかできる?
まぁ、ないことはないですが…

騙し討ちで乗っ取られるくらいなら売り払った方がいいと『桜庭リゾート&ホテル』の五つ星ホテルの権利を『KJO』のライバルホテル会社に譲ろうと動き出し、『KJO』と優位な合併話に持ち込むことができるのだった。


にほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

o0020002011469143477.gif プロフィール

magi111p04

Author:magi111p04
FC2ブログへようこそ!

o0020002011469143477.gif 最新記事
o0020002011469143477.gif 最新コメント
o0020002011469143477.gif 最新トラックバック
o0020002011469143477.gif 月別アーカイブ
o0020002011469143477.gif カテゴリ
o0020002011469143477.gif FC2カウンター
o0020002011469143481.gif 検索フォーム
o0020002011469143481.gif twitter
o0020002011469143481.gif RSSリンクの表示
o0020002011469143481.gif リンク
o0020002011469143481.gif QRコード
QR
o0020002011469143481.gif ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる